ロードマップ

下記ブルーシェアロードマップは、これまでの達成事項と今後の目標を含む、プロジェクトの準備、開発、実装、およびマーケティングの全タイムラインの概要を示します。ここで今後の展開

  • インタープロム採掘
  • セキュリティトークンオファリング
  • インタープロム建築
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • Q1
  • Q2
  • Q3
  • Q4
  • 2019
  • Q1
  • Q2
  • Q3
  • Q4
  • 2020
  • Q1
  • Q2
  • Q3
  • Q4
  • 2021
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • Q1
  • Q2
  • Q3
  • Q4
  • 2019
  • Q1
  • Q2
  • Q3
  • Q4
  • 2020
  • Q1
  • Q2
  • Q3
  • Q4
  • 2021
  • ブルーシェアインセプション 2018年Q1

    チャレンジ
    会社の紙の株式をトークン化された暗号株式に変換しながら、紙の株式の法的権利を維持します。
    分散化によるP2P移動の自由さ、規制に沿った複数の証券取引所への上場、簡素化かつ自動化された配当金受領で会社のシェアを拡大し、ブロックチェーンの可能性を高めます。

     
  • チームと法的管轄 2018年Q2

    スイス
    全体的なセットアップとコアチームの編成 - 計画立案、戦略の定義と開発、規制上の課題の特定、および信頼できる法的管轄区域の比較。スイスはブルーシェアの誕生の地となります

     
  • STOと法的準備 2018年Q3&4

    コーポレート&セキュリティトークン提供の準備
    日付:
    MME  - スイスの法定代理人
    RSM  - 世界第6位の監査会社
    CMS  - 法的デューデリジェンス
    Bureau Veritas - 検証と認証
    コアドキュメンテーション
    スイスFINMA&SIX準拠の目論見書の起草
    EU   809目論見書の起草
    スイス税務決定書の起草
    ホワイトペーパーの草案作成
    利用規約の概要

     
  • ブルーシェアワールドワイドロードショープレゼンテーション 2018年11月・12月

    2018年11月・12月
    マルタブロックチェーンサミット、ブロックチェーンライフサンクトペテルブルク、ワールドブロックチェーンサミットアムステルダム、ブロックチェーン・暗号会議クアランプール、ブロックチェーンサミットバリ、ブロックチェーンサミットドバイ、ブロックチェーンエキスポ北アメリカカリフォルニア、ブロックショーアジア、シンガポール、暗号ブロック会議ラスベガス

     
  • スマートコントラクト監査&アンチハッキングのサードパーティテスト認証、スイス目論見書の発行 2019年Q1

    P2Pプラットフォームのブルーシェアトークンスマートコントラクトの監査とDAPセキュリティ侵入テスト
    • Hosho、antiHack、New Alchemyは、実行にあたる独立系企業の一例です
    スイスの規制当局の要件を満たす、スイスでのパブリックオファリングのための目論見書の発行
    • 法的管轄の選択とEU向け目論見書の作成開始
    • プライベートプレースメントラウンド - 保証なし
    • ブルーシェアロードショーの継続

     
  • 3億のブルーシェアセキュリティトークンの生成 2019年Q1

    • インタープロム採掘 AGの3億の資本参加による議決権のない紙の株式に裏付けされた、3億ブルーシェアセキュリティトークン(BST)の作成
    • STO期間中に、8000万ブルーシェアセキュリティトークンが一般向けに提供されます。
    • 128百万ユーロの上限額

     

     
  • セキュリティトークンオファリング 2019年Q2

    • 個人や団体がオンラインで利用できるSTOプラットフォーム
    • KYC&AMLプラットフォームはスイス・ヨーロッパの法規に完全に準拠した、評判のあるAML / KYCのプロバイダーと提携しています。
    • 90日以内に最大3回の提供ラウンドを計画
    • 上限なし。次のラウンドは上限があり、前のラウンドからの販売残数に影響されます
    • 目論見書、ホワイトペーパー、およびSTOの資料が確認可能なデータルーム
    • 投資は、法定通貨と特定の暗号通貨の両方で可能です

     
  • ブルーシェアP2P 可動性&ブルーシェアIO専有の分散型プラットフォームサービス「A」の有効化 2019年6月中旬

    • 新規ユーザーと投資家の登録とホワイトリスト化
    • すべてのユーザーと株主の間で有効にされたBTSのP2Pおよびウォレットからウォレットへの転送
    • 売買掲示板や検索フィルタ
    • P2P取引を促進するための、すべてのユーザーと投資家間のライブコミュニケーションチャネル

     
  • 下記のうち少なくとも1つの証券取引所でのリスティング…SCX、MOBILIT、LCX、GIBRALTAR BLOCKCHAIN EXCHANGE、 2019年Q3

    • 2019年8月、SCXがライセンスの取得を予定しているスイスのSCX.CH取引所とブルーシェア上場に関する覚書を締結。
    • 2019年末までに規制に沿った、認可、法的遵守を満たすブロックチェーン証券取引所少なくとも3ヵ所に上場予定。
    • 2020年末までに規制に沿った、認可、法的遵守を満たすブロックチェーン証券取引所少なくとも6ヵ所に上場予定。
    • 今日のすべての主要な暗号取引所は、証券や株式との取引のためのライセンスを取得する予定です。2020年末までに、ほとんどの先進国が、資産、証券、および株式のトークン化商品を取引するために少なくとも1つのブロックチェーン暗号交換をライセンス供与されると予想されています。

     
  • OPTICASH 配当金支払いサービスP2Pプラットフォームサービス「B」 2019年Q4

    • ブルーシェアの命題の核となる部分として、Opticashの配当金支払い機能と収益の支払い機能の開始。
    • Opticashは、法定通貨と暗号通貨(ユーロ、Bitcoin、Ether、Tether)の両方での配当金支払いが可能です。

     
  • ブルーシェアユーティリティTGE P2Pプラットフォームサービス 「C」 2020年Q1

    • Bluechipユーティリティトークン生成イベント
    • ブルーシェアトークン保有者は1:1の割合でBluechipトークンを無料で受け取ることができます。
    • Bluechipユーティリティトークンで、Blueshare.io分散型P2P専有プラットフォームによって提供される追加サービスを利用できます
    • ブルーシェアトークンのP2P分散スワップ用のスマートコントラクトインターフェイスへのアクセス
    • P2Pスマートコントラクト売買掲示板の完全機能サービスの開始とブルーシェアトークンの分散型エスクロースワップ
    • サービスは、関連するスイスの規制当局の法律および必要なライセンスの取得後にのみ有効かつ、利用可能になります

     
  • 他の企業の伝統的な資産および証券のエンドツーエンドの準拠トークン化P2Pプラットフォームサービス「D」 2020年Q1~Q4

    •トークン化株式の発行と作成
    • 法的要件を満たすプライマリおよびセカンダリSTO機能
    • 次の分散型P2Pの可動性と流動性
    • 法定通貨と暗号通貨による複数通貨と複数の支払い方法
    • 他社のトークン化された株式に対して提供するサービスとしてのOpticashの配当および収益支払いポータル
    • グローバルホワイトリストポータル
    • 規制に基づく交換の対象となるトークン
    •サービスは必要な規制当局の裁定およびライセンスが確保された後にのみ、有効化され、利用可能となります。

     
  • 最初のブルーシェア配当金支払い 2021年Q1

    •Blueshare.ioプラットフォームですべてのブルーシェア保有者に初回配当支払いを実行
    •計画されている最小支払い額でサポートされる通貨の選択:法定通貨(ユーロ)および一部の暗号通貨。

     

  • 多数の鉱山探査利権 – 実績を確約 2014 / Q1 - 2018 / Q4
     
  • 採石場1が完成し、完全に稼働可能な状態 2019年Q3

    Letnitsa採石場(1平方キロメートル)には1,500万トンの石灰石が含まれています。ソフィアのKalotina E80高速道路に近い採石場という戦略的な立地は経済的に魅力的であるだけでなく、首都のソフィアに近接しているので長期的な使用にも有利と言えます。
    位置:42°58'31.4"N+22°57'29.9"E
    地下価値:1億6200万ドル

     
  • 採石場2が完成し、稼働可能な状態 2019年Q4

    Prolaznitsa採石場(0.9 km 2)には、1196万トンの輝緑岩と玄武岩が含まれています。鉱体は表出しているため、利便性の高いインフラで容易に抽出できます。ソフィアのVidin高速道路の近くのドナウ橋2の交差点にあり、経済的にも魅力的です。
    位置:43°33'49.6"N 22°37'54.9"E
    地下価値:1億2500万ドル

     
  • 採石場3:    完成し、稼働可能な状態 2020年Q1

    バレボ採石場(0.8平方キロメートル)には、1,819万トンのドロマイトと石灰岩があります。鉱体は表出しているため、利便性の高いインフラで容易に抽出できます。ソフィア  -    Kulata A3高速道路に近いため、経済的に魅力的です。
    位置:42°14'38.6"N 22°58'38.4"E
    地下価値:1億9000万ドル

     
  • 採石場4:完成し、稼働可能な状態 2020年Q2

    Raianovtsi採石場(4 平方キロメートル)には、1,420万トンの輝緑岩が含まれています。鉱体は表出しているため、利便性の高いインフラで容易に抽出できます。鉱体は表出しているため、利便性の高いインフラで容易に抽出できます。
    位置:43°42'22.1"N 22°31'43.8"E
    地下価値:1億4800万ドル

     
  • 採石場5:完成し、稼働可能な状態 2020年Q3

    Mogilata採石場 ( 0.22平方キロメートル)には、673万トンの上質なドロマイトと石灰岩が含まれています。鉱体は表出しているため、利便性の高いインフラで容易に抽出できます。ソフィアのにぎやかなペルニクとキュステンディルの地域に近いため、長期的に実行可能です。
    位置:42°30'44.0"N 22°59'12.1"E
    地下価値:7000万ドル

     
  • 採石場6:完成し、稼働可能な状態 2020年Q4

    Vladislavtsi採石場(0.56平方キロメートル)には630万トンの石灰岩が存在しています。これは表面処理されており、利便性の高いインフラで簡単に抽出できます。
    2019年に建設を開始するソフィア  -  Kalotina E80高速道路に近接しているため経済的に魅力的なだけではなく、ソフィア地域全体への距離が近いため、長期的な持続可能な使用に理想的です。
    位置:42°54'49.3"N 22°49'50.9"E
    地下価値:6600万ドル

     
  • 廃水処理プラント(ターンキーハンドオーバー) 2019年Q1

    開始日:2016年Q4。契約額:EUR 12,50,000
    周辺の都市廃水処理・浄化プラントのターンキー建設55,000人を収容するAssenovgradケータリング

     
  • 道路工事契約書(ターンキーハンドオーバー) 2019年Q1

    開始日:2016年Q1;契約額:EUR 6,335,000
    ソフィア周辺にある複雑なBuchino Mountain Pass道路の21 kmのターンキー再建

     
  • マイクロ水力発電所(ターンキーハンドオーバー) 2019年Q3

    開始日:2018年Q1;契約額:EUR 800,000
    Domlyanの町の農村マイクロ水力発電所のターンキー建設

     
  • 地下地下鉄メトロ工事契約ロット「B」(ターンキーハンドオーバー) 2019年Q3

    開始日:2015年Q3;契約額:EUR 46,950,000
    首都ソフィアの2つの地下鉄駅を含む2,35kmの都心のCBD地下鉄とトンネルのターンキー建設

     
  • 地下地下鉄メトロ工事契約LOT 「C」(ターンキーハンドオーバー) 2019年Q4

    開始日:2017年Q1; 契約額:EUR 40,500,000
    首都ソフィアの3つの地下鉄駅を含む2,45kmの都心の地下鉄とトンネルのターンキー建設

     
join our telegram group